ゆがみを整える体操 ①

体操のポイントは “量より質”。
ゆがんだ骨盤や筋肉を整える体操を毎日続けましょう。

四種混合体操

4つの動きを同時に行い、骨盤まわりから全身の筋肉をほぐす体操です。
毎日の習慣にして、体のコリとゆがみを整えましょう。

基本姿勢 基本姿勢 骨盤高位 妊娠中は骨盤高位がおすすめ

基本姿勢

楽な程度にひざを立ててあお向けに寝て、両かかとの間を30~40cm開きます。妊娠中はお尻を高くした骨盤高位の姿勢で体操をしましょう。

腰が痛まず苦しくない程度の高さにしましょう。

ひざ倒し+骨盤の動き

1. ひざ倒し + 2. 骨盤の動き

ひざを倒しながら足の裏で床を押すと、軽くお尻が浮き、ひざが反対側に倒れます。すると体がひねられて骨盤も動きます。このとき、足の裏は浮かないよう、しっかりと床につけておきましょう。

腕の動き

3. 腕の動き

手を軽く握り、脇をしめて、肘を床につけます。イラストのように軽く腕を曲げ、左右交互に肘を床に軽く押し付けながら伸ばしましょう。これで、3種類の動きになります。

目の動き

4. 目の動き

目をしっかりと開けて、上下、左右、ななめなど、動かしたり大きく回したりしましょう。

慣れてきたら 1 + 2 + 3 の動きを同時に続けましょう。

バリエーション

動きのバリエーション

腕を伸ばす方法もおすすめです。このとき動かす方向は手と足が同じでも、反対方向でもOK!どれも難しければ、手のひらをグーパー動かすだけでも構いません。つらい動きはせず、気持ち良い方法・範囲で動かしましょう。

骨盤ケアって?

それは、妊娠・出産・育児と、お母さんの体の悩みを軽くする
“体づくり” のキーワードです。