骨盤チェック

妊娠・出産に向けて体は少しずつ変化します。
トコちゃんベルトで骨盤ケアを始める前に、まずは骨盤をチェック!

Check 1 今の体を確認

全身を支える体の “要” である骨盤に「ゆるみ」や「ゆがみ」があると、
様々な “不快” となって体に現れます。

Check1 今の体を確認

当てはまる項目をチェック

骨盤に「ゆるみ」や「ゆがみ」が起きているかもしれません。さらに詳しく調べましょう!

現在の状態は大丈夫そうです。ですが、妊娠中の方は週数が進むと状態も変わります。早めからのケアをおすすめします。

Check 2 骨盤のゆるみ

骨盤のゆるみは「立った姿勢」と「骨盤高位の姿勢」で測った
ヒップサイズの差から知ることができます。

ヒップサイズ=お尻の一番ふくらんだ周囲をいいます。そこにあるのが骨盤です。

ヒップサイズを測って、骨盤のゆるみを確認しましょう。
可能であればご家族、ご友人などにサイズを見てもらいましょう。

Check2 立った姿勢

立った姿勢

  1. 足を揃えてまっすぐ立ちます。計測時ふらつく場合は、ひざ立ちで測ってください。
  2. 恥骨のあたりからお尻の一番ふくらんでいるところを水平に1周し、ギュッと締めないで沿わせる程度に巻いてサイズを測ります。
  3. 数ヶ所サイズを測り、1番太かった所を覚えておきましょう。

ヒップサイズ①: cm

Check2 骨盤高位の姿勢

骨盤高位の姿勢

  1. メジャーがずれないように手でしっかり押さえ、あお向けに寝て「 骨盤高位 」の姿勢をとります。
  2. ゆったりと左右にひざを揺らしたり、安静にしたりを繰り返すと、メジャーがゆるんできます。
  3. お尻を浮かせ、メジャーを引いてサイズを確認します。メジャーがゆるまないように注意しましょう。

骨盤高位になると、内臓がおへそ方向にあがり、立った姿勢よりサイズが小さくなります。

ヒップサイズ②: cm

正しく数値が入力されていないか、骨盤高位になる際にメジャーの位置がずれた可能性があります。もう一度確認してください。

柔軟性が少ない骨盤です。骨盤まわりの筋肉が凝り固まっているのかも…。体操で筋肉をほぐしましょう。

ほど良い柔軟性のある骨盤です。

締まりがなく、ゆるみが大きい骨盤です。骨盤ケアでほど良い柔軟性のある骨盤を目指しましょう。

Check 3 骨盤のゆがみ

ゆるんだ骨盤は、同時にゆがみやすい骨盤でもあります。
日常生活の何気ない動作が、骨盤や背骨のゆがみにつながっていることも…。

Check3 骨盤のゆがみ

当てはまる項目をチェック

座り方についてはこちら »

「ゆがみ」が起きているかもしれません。“骨盤ケア” を始めましょう!

「ゆがみ」については大丈夫なようです。体操や普段の姿勢を意識して、きれいな骨盤を維持しましょう。

3つのチェックを終えて

3つのチェックを終えて…

いかがでしたか?

骨盤のゆるみやゆがみは普段の何気ない動作からつくことが多いので、きれいな状態を維持するために、意識して体操や普段の姿勢に気をつけましょう。

骨盤ケアって?

それは、妊娠・出産・育児と、お母さんの体の悩みを軽くする
”体づくり”のキーワードです。