腹直筋離開

妊娠中のケアは骨盤だけではありません。
“おなか” にも目を向けてみましょう。

割れたおなかにご用心

妊娠に関わらず多くの女性に、
“腹直筋離開” が見られるようになってきました。

腹直筋 ①腹直筋 ②白線 ③恥骨結合

腹直筋離開って?

図のように、おなかの中心で左右の腹直筋をつないでいる白い線状の部分(白線)が、おなかが大きくなるにつれて横にうすく伸び、おなかが離れて開いた状態になること。

少し前までは妊娠後期から産後数ヶ月までの女性に多く見られましたが、最近では妊娠したことのない人や産後何年も経っている人にも見られるようになってきました。

腹直筋離開が起こる理由は?

色々ありますが一因として、生活様式の変化による筋力の低下やホルモン分泌による全身の筋肉・じん帯のゆるみが考えられます。また、白線の付け根は恥骨結合にもつながっているので、骨盤がゆるんで開くと一緒に腹直筋も開いていきます。

腹直筋が広がると?

大きくなる子宮に引っ張られておなかも横に広がります。
すると赤ちゃんは “まるまる姿勢” を保つことが難しくなり、
良くない胎内姿勢につながりやすくなります。

横位 横位

横位

おなかの中で赤ちゃんの姿勢が図のように横向きになってしまうこと。分娩時まで横位のままだと、経膣分娩が困難になり、帝王切開になります。

骨盤位 骨盤位 頭位 頭位

膝伸展

おなかの中で赤ちゃんの姿勢が図のように膝を伸ばしている状態になること。この姿勢の赤ちゃんは先天性股関節脱臼を起こす可能性が高くなります。

分娩時のいきみ、腰痛、内臓下垂、産後も離開が回復せずウエストが戻りにくい

分娩時のいきみ

おなかに力を入れても離れているので、いきんでも力が伝わりづらくなります。

他にも

  • 腰痛、内臓下垂
  • 産後も離開が回復せずウエストが戻りにくい

気付いたときからケアを!

産前から産後まで健やかな毎日を過ごすために、
腹直筋離開に気付いたときからのケアがおすすめです。
おなかが広がりすぎないよう真ん中に寄せましょう。

アンダーベルトRENEWをお持ちの方

アンダーベルトRENEWをお持ちの方

アンダーベルトRENEW + トコちゃんベルト

おなかまきをお持ちの方

おなかまきをお持ちの方

おなかまき + トコちゃんベルト

妊娠後期の方におすすめ

妊娠後期の方におすすめ

おなかまき2本 + トコちゃんベルト

おなかが大きくなり、1本だけでは物足りないと感じる場合は2本使って全体を支える方法をお試しください。

注意

おなかを締めつけるように寄せるのはNG!力加減に注意しながら “やさしく・ふんわり” と寄せましょう。

骨盤ケアって?

それは、妊娠・出産・育児と、お母さんの体の悩みを軽くする
“体づくり” のキーワードです。